DNA鑑定とは

DNA鑑定初めての方へ

あなたはこのようなことでお困りではないですか?

  • この子の本当のお父さんはこの人なの?
  • 遺産相続に親子関係を明確にしておきたいのだけど。
  • 大切な人が犯人にされてしまった。何かの間違いでは?もう一度検査してみたい。
  • この遺体(遺骨)が本当は別人ではないの?

など、上記のような悩みの場合にDNA鑑定が有効となります。

確かに昔からDNAは注目されてきました。

しかしパソコンの性能が今ほどでなかった昔はその信頼性もさほど高くなく、限界がありました。

ところがパソコンの性能が飛躍的に進歩した今日、その進歩とともにDNA鑑定結果も非常に進歩し、今では数兆分の1という確率のレベルに達したともいわれています。

DNAを調べることは現在何よりも有効な手段といえるでしょう。

 

そもそもDNAって?

DNAは私たち人間はもちろん、細菌、植物や動物などの生物、一部のウィルスが持っているものです。

このDNA上には生体構築やタンパク合成のための情報が並んでいます。そしてこの情報は親から子へと遺伝していくのです。

DNAとはデオキシリボ核酸(deoxyribonucleic acid)の略です。

デオキシとは酸素原子が減少したことを意味します。

DNAはデオキシリボース(五炭糖)とリン酸と塩基から成り、塩基はアデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)の四種類からなります。

この構成単位をヌクレオチドといいます。ヌクレオチドは二本の鎖となり、水素結合で結合して存在します。A-T、G-Cと結合する組み合わせ(塩基対)は決まっており、二重らせん構造を形成しています。

DNAは細胞核内にあるので、細胞採取すればDNAが採取できたことになります。

口腔内は常に唾液で保護されているため、口腔内の細胞が痛みもなく容易にDNA採取可能です。

わざわざ採血する必要もありません。採血した血液中のDNAも、口腔内のDNAも同一だからです。

 

DNA鑑定って何?

DNA鑑定は以下のような場合に利用いただけます。

  • 本当に親子かどうか確かめたい
  • 本当に兄弟・姉妹かどうか確かめたい
  • 上記以外にも、祖父母・孫、おじおば・甥姪の確認
  • 体外受精の確認
  • 合理的なダイエットを行うための体質診断
  • スポーツ及びポジション等の素質・適性診断
  • 結婚などにおける性格・相性診断
  • 離婚、養育費、遺言書、遺産相続のため
  • 国籍、ビザの関係のため
  • 刑事事件などでの捜査のため、また容疑を晴らし無罪を勝ちとるため
  • 災害などでの行方不明者と、発見された身元不明者の情報一致確認

我々は非常に信頼性の高い検査試薬を使用し、正確な検査結果を提供いたします。

 

親子鑑定って何?

DNAは人間の体のあらゆる細胞に存在し、子孫へ遺伝情報が受け継がれていきます。

親子であれば半分は母親から、残り半分は父親から遺伝情報が継がれるはずです。

たとえば母親が本当の母親だとします。そうすると子供のDNAの半分の情報は母親のDNAの情報と一致するはずです。

そして父親が本当の父親であれば、子供のDNAの残り半分の情報が父親のDNAの情報と一致することでしょう。

しかし本当の父親でなければ、この情報が一致しません。このような確認をするための検査が親子鑑定です。
従来確認で行われていた血液型による判定では偶然血液型が一致することも少なくありませんでした。両親の血液型によってはどの血液型の子供ができてもおかしくないこともあります。

しかしDNA鑑定ではDNAの型を調べることで血液型のような曖昧さはなくなります。

まれに突然変異部位が存在しますが、複数個所の検索で限りなく正確に確認することができます。

少なくとも99%以上の確率で肯定することができます。親子でない場合は100%否定することができます。

採取の仕方は?

通常、滅菌された綿棒道具で口腔内の粘膜から採取します。

口腔内の粘膜といっても唾液を取られているような感じです。

口腔内を柔らかくて吸水性のある綿棒で軽くこするようにして採取します。

安全で痛みが全くないので赤ん坊から可能な採取法です。

よく採血をするのではないかと思われますが、採血した血液中のDNAも、口腔内のDNAも同一のため、痛みのない口腔内採取が一般的です。
特殊なサンプルとしては噛んだ後のガム、タバコを吸った後の吸い殻、使用後の歯ブラシ、切手、髪の毛(白髪)、爪、歯、血液や精液、尿、排泄物、ふけ、遺体、骨その他様々なものがありますが、これらは採取の仕方が異なるため、また保存状態も悪いとDNA鑑定できない場合もあります。