亡くなった父親との親子鑑定はできますか?

父親がすでに亡くなっている場合、その子どもとのDNA親子鑑定は、生きている親類の方、例えば父親の両親(祖父母)、妻(子の母親)、父の兄弟(叔父など)から父親の遺伝子を推定することで、可能になります。

また、生前使用されていた、使用後間もない電気シェーバーの髭剃りカスや爪切りカス(父親のみ使用していた爪切り使用)等が残っている場合、それらの検体でDNA結果を得られることができれば親子鑑定を行うことができます。

新しい検体であればあるほど結果を得られる可能性は高くなりますが、いずれの検体も結果を得られるかどうかは実際に検査をしてみないとわかりません。

一度ご相談ください。
お電話:092-577-5656